FAQ

よくあるご質問

Q 労務管理以外にも人事管理も重要だと思いますが、IPOではどのように関連しますか?
A. 適切な労務管理が構築されていることが大前提となり、その基礎の上に人事管理や人事政策があるのが基本になると考えています。

労働法令に基づいて適法な労務管理(雇用区分管理、事業場管理、勤怠管理、給与計算、安全衛生)が構築されていることが全ての基本になります。

労務管理に大きな不備を抱えた状態で、人事制度、評価制度、採用、教育にコストを投入しても、離職率の高止まり、労使紛争の発生により、意図した人事施策の効果は望みがたいものとなります。上場審査でも、「組織体制」「人事制度の実効性」「人員計画(採用、離職防止、教育研修)」は事業の継続性を判断する上で、重要な論点となります。

人事施策が有効に機能するように、適法で隙のない労務管理の基礎は不可欠です。