FAQ

よくあるご質問

Q 是正勧告書と指導票の違いはなんですか
A. 法令違反が発生している場合に交付されるのが「是正勧告書」。法令違反とまではいえないものの、改善することが望ましい場合に交付されるのが「指導票」です

労基署の調査の終了時には、企業に改善するべきこと、改善してほしいことを記載した書面が交付されます。書面は大きく2種類あります。

 

 ・是正勧告書…労働法令に違反している状態にある時に交付されます

 ・指導票・・・労働法令に明らかに違反しているとはいえないものの、法令の観点から今の状態から改善が望ましいという時に交付されます。

 

会社はこの是正勧告書、指導票が交付された際は、その項目の改善状況について、期日までに「是正報告書」「指導報告書」という書面を労基署へ提出する必要があります。

労基署の指導はあくまで行政指導であり、必ず改善しないといけないという法的拘束力はありません。しかしながら是正勧告書を交付されている場合は労働法令に違反している状態なので、実務上では、是正報告書はその指摘された項目について、法律違反の状態を改善しましたという報告をすることが必要となります。

対して指導票については、明らかに法律に違反しているという状況ではありません。もちろん改善できるものであればそのことを報告することが望ましいですが、指導内容によって、改善途中であるといった報告や、今後の検討にするなどの報告でも構わない場合もあります。よって指導内容を確認し、会社で対応可能かどうかを検討したうえで、報告することが望ましいです。